美容整形に行こう

顎の整形手術

意外にたくさんの人が顎の形を整形手術で変化させることを望んでいるようです。
鼻や目の整形手術も顔全体の印象を大きく変えますが、顎の形を変えることは顔全体の印象を大きく左右します。

 

顎の整形手術は様々な方法があります。小顔にするための整形手術は、頬骨を削ったり、下の歯を一部抜いて骨をカットするというものがあります。

 

気になる出っ歯を直すためには、鼻の下の骨を上の歯を抜いて切ってしまう整形手術もあるといいます。

 

整形手術であごの形を整えるためには、ヒアルロン酸を注入したり、顎の骨を削ったり、プロテーゼを挿入するものがあります。全身麻酔の体への負担がかつてはかなりあったので、骨を削るといったぐらいの整形手術しかできなかったといいます。
今では麻酔の技術も向上し、設備の整った美容整形外科も増加しています。

 

現在では、ほぼ希望通りの整形手術が受けられるようになっています。
しかし、そんなに顎の整形手術をするのは容易ではないといいます。手術後数日は食事や歯みがきもなかなかできませんし、顎の腫れが続くことになります。
手術のやり方によっては、安静が手術後2週間は不可欠で、できれば仕事も半月程度は休むのがおすすめです。

 

顎の整形手術金銭的にも体にもかなりの負担だということを覚えておきましょう。
顎の整形手術において大切なのは、病院や担当医を選ぶときにカウンセリングなどを通じて自分に合う人を選択することです。