美容整形に行こう

メイク落としと肌トラブル

メイク落としは毎日使うスキンケア商品です。自分の肌に合わせた、納得のいくメイク落としを使いましょう。

 

メイクの落とし残しがあると肌が傷んでしまいます。肌にメイク汚れが残っていると、肌はどんな状態になるものなのでしょうか。
メイク汚れが残っているとにきびやしわ、肌の乾燥、色素沈着などが起きます。

 

ニキビとは、毛穴に汚れが詰まった状態になると、皮膚が常在菌によって炎症を起こしやすくなるのが発端だといいます。メイク落としがきちんと出来ていないと、肌表面の見た目はファンデーションが落ちて、きれいになっている気がするときもあります。
実際は毛穴にファンデーションなどのメイクが残っていて、毛詰まりを起こしてニキビの原因になってしまうのです。

 

肌に色素が沈着する背景には、メイク落としがうまくいっていなかったためのものだったりもします。メイク汚れが残っている部分にシミができやすいのは、その部分だけ皮膚の老化じ進みやすくなるからだと言われています。

 

目の周囲に濃いメイクをする人は多いですが、その分クレンジングは大変になりますので、洗い残しが老化しやすくなります。皮膚が他の部分より老化してしまうと、シミができやすくなります。シミなどの肌トラブルを防ぐ方法の1つが、メイク落としなのです。